[▼hana日記] 2004年09月12日

パンダ

hana

今日はお姉ちゃんから電話がきて、彼女がいまとてもつらい様子で、私はとても悲しくなりました。
親しい人が悲しいと、どうして怒りがわいてくるのかな。

そのあと、テレビでパンダの番組を見ました。パンダってかわいいーんだよー。
純粋という言葉ではなくって、もっとピッタリな言葉はなんなのか分からないなー。
なんだか涙が出たりして。
涙が出そうな、その少し前の体の反応に改めて驚きました。
泣きそうな気持ちの時って、喉がぎゅっと締め付けられる感じがするんだけど、
心臓のあたりを大きな手で掴まれた感じがするのです。
そんなことを今さら確認してしまったのでした。
体の感覚を意識するのは、とても不思議な気分です。

夜になって、知り合いのライブを見に行きました。
パフォーマンスがかっこよくてよかったです。

夜は「もりのなか」という絵本をながめました。
ライオンが髪(タテガミ?)をクシでとかしててかわゆいです。うさぎもかわゆいです。

それにしても、ぼろぼろな気持ちになることばっかりなので、もっと気持ちよくいたい。
もっと歌えってゆうことだとわかっているのです。でもそれも時々ぼろぼろな気持ちだなぁ。

« ”しらゆきひめ” | トップページに戻る | ”スペース” »


▼コメント♪(0)