[▼hana日記] 2004年11月18日

ゆらゆら

hana

自信がどんどんなくなって、嫌なことがいっぱい増えて、
自然と逃げていっちゃうのよ。
大事なものが逃げていっちゃうのよ。
いろんなことがわかんない。
わかんないことばっかで。何がなんだかわかんない。
感覚とか感情とか我慢して、鈍くなっていっちゃうのよ。
なんにもわかんなくなっちゃうのね。
強くないけどそんなに弱くもないので、慣れていって、とても悲しい。
でも、アレだよ、本当の本当は逃げないで、ちょっと隠れてる。
たぶん。
だからたぶん泣いたりするんかな。
ゆらゆら揺らしてくれるんだ。


« ”きみのカラダはぼくらのもの” | トップページに戻る | 寒いときは »


▼コメント♪(0)